クレンジングの種類

どのタイプがお好みですか!?

あなたが使っているクレンジング剤の種類はなんですか!?
それを選んだ基準はなんでしょう!?
クレンジング剤と種類とその特徴をよく知って自分に合ったクレンジング剤を選びましょうね。

 

クレンジング剤の中で一番洗浄力が高いのがオイルタイプのクレンジング剤です。
さらさらした液体状でマスカラやファンデーションまで一気に落とすことができます。
「オイルクレンジングは肌に良くない」という噂を聞いたことはないですか!?
オイルクレンジング自体が他のクレンジング剤と比べて特別肌に良くないということではないのですが、洗浄力が高いので皮脂や油分などもすっきり落としてしまうので、敏感肌や乾燥肌の人が使用すると
カサカサしてしまうかもしれません。
また、オイルタイプは肌に負担になるからと思い込んで十分なクレンジングが行えていない人も肌トラブルを引き起こすことになります。
メイクがオイルクレンジング剤に十分馴染むまでクレンジングを行いましょう。
オイリー肌や皮脂汚れが気になる人、しっかりとメイクを落とす感じが好きな人におすすめのクレンジング剤です。

 

ジェルタイプのクレンジング剤には2種類あります。
1つ目は、オイル成分が入ったオイルクレンジングに似た性質があるもの。
2つ目は、オイルフリーの水性タイプのもの。
オイル成分の入ったジェルクレンジング剤は、オイルクレンジングと同じく洗浄力が高くマスカラからファンデーションまで落とすことが出来ます。
オイルクレンジングがサラサラした液状なのに対して、ジェルクレンジングはトロっとしていて弾力があるので肌への摩擦が起きにくく扱いやすいのが特徴です。
オイルフリータイプはオイル成分が入ったものに比べると洗浄力が高くないのでマスカラなどのアイメイクまでは落としにくいので注意してくださいね。
比較的どの肌質にも合いやすいクレンジング剤だと言えるでしょう。

 

最近ではクレンジング剤と言えば、オイルやジェルタイプが主流になっているので、あまり見かけないかもしれないですがミルクタイプのクレンジング剤について紹介します。
ミルクタイプの特徴はなんといっても肌への負担が少ないことです。
乳液のようなやわらかい肌触りなので肌に優しくメイクを落とすことができます。
ただし、洗浄力はあまり高くないのでマスカラなどのポイントメイクやしっかりしたファンデーションは落としにくいのも特徴です。
敏感肌や乾燥肌、ほとんどメイクをしない人にはおすすめのクレンジング剤ですね。

 

基本的に、拭き取りタイプのクレンジングは肌に摩擦が生じてかなりの負担をかけるのでおすすめしないのですが、旅行などでクレンジングが出来ない時には便利ですね。
でも、肌にはかなりの負担になりますし、メイクが落ちているのかも確かではないので、水を使った洗顔が出来ない時以外はあまりおすすめしません。
眠たかったり、疲れたりしてどうしようもない時も出来るだけ頑張って水を使って洗顔をするようにしましょう。
コットンなどにあらかじめクレンジング剤が含まれているモノと、自分でコットンにとるタイプのクレンジング剤がありますが、自分でコットンに取るタイプの拭き取りクレンジングはヨーロッパの商品に多く見られます。
しかし、それはヨーロッパは硬水の地域が多く、あまり水を使った洗顔が浸透していなかったことが背景にあるようです。
軟水で不自由なく水を使用できる日本では必要がないクレンジング剤だと言えますね。